電車の中で「この人痴漢です」と言われたら有罪確定!?あなたも巻き込まれるかもしれない痴漢冤罪。その悲惨すぎる実態をテレ東の「解禁!暴露ナイト」で痴漢ジャーナリストの池上正樹さんが語った。痴漢冤罪とは、痴漢行為をしたと疑いをかけられ警察や裁判所で不当な扱いをされたり無実なのに有罪判決をうけること。証拠もない目撃者もいないという中で女性が被害を訴えたら、それが証拠として採用されて有罪ということにされてしまう。裁判で冤罪だと立証出来るのは100人に1人以下といわれている中で、奇跡的に一審で無罪判決を勝ち取った事例がある。

事件は1998年1月、総武線市川駅〜錦糸町駅間で起きた。
外資系企業に勤めていたAさんは、混雑する車内で、
女性に「痴漢した」という疑惑をかけられた。

当のAさんはというと、右手はつり革、左手で大きなビジネスバックを
もっていたため、とても女性の体にイタズラできるような状態ではなかったのだが、
「痴漢行為をされた」と女性は訴えたという。

女性は「勃起した男性器をずっと押し付けられた」と主張
どうして分かったのかと言われて「温かさと硬さで分かった」
冬だったのでAさんは、”コート”を着ていた。

勃起した男性器をコート越しに押し付けられたと女性が訴え、
痴漢疑惑の真偽は法廷で争われることになった。
身に覚えのない痴漢疑惑を晴らすためAさんは、命をかけて証拠集めに奮闘した。

コート越しに男性器であるかどうかは判別できないことを証明するため
大学病院に検証を依頼。自らの男性器に薬剤を注入し、強制的に勃起状態にした後、
コートの表面温度が勃起した個所とそうでない個所と、どれくらいの温度差があるのか測定。
その結果「コートの上から勃起した男性器の判別は難しい」という答えを導き出した。

この検証が有力な証拠と採用されて、見事1審で無罪判決を勝ち取った。
そんなAさんが、痴漢疑惑を晴らすために費やした金額は600万円
公判回数は14回。無実を証明するのに莫大な費用と時間を費やした。



痴漢に間違われた時の有効な対処法!

対処法 その場で相手を説得する
間違われてしまった場合、その場で女性の方には誠意を持って説得、理解をしてもらう。
相手の証言に感情的に反論するのは逆効果、事態を淡々と説明する。

つい「お前みたいな奴に痴漢するわけないだろ!」と言葉を荒げてしまいがちだが、
相手にも冷静に状況を理解してもらうため、ひたむきに説得することが大事。

対処法 何があっても絶対に駅員室にはついていかない
駅員室には行かないで、その場(ホーム)で話をする。
強引に連れて行かれそうになった場合、柱にしがみつく。

「痴漢の現行犯」ということで男性を駅員室に連れていくと、
鉄道会社は男性の身柄をすぐ警察に引き渡す決まりになっているところが多い。
つまり「駅員室に行く」ことは「警察に拘束される」ということ、
見に覚えのない痴漢の疑いを持たれた時は決して駅員室に行かない。

警察へ連れて行かれると、いきなり取調室に入れられて
「お前がやったんだろ」と追求される。

対処法 すぐに弁護士を呼び、法的な手続きは任せて一方的に不利にならないようにする
物理的に拘束されてどうしようもなくなったら、すぐ弁護士を呼んだ方がいい。
まさかの時に備えて顧問弁護士や弁護士事務所の連絡先を控えておく。

『行列のできる法律相談所』北村弁護士が言っていた「走って逃げる」
というのは止めた方がよい。痴漢の常習犯は、走って逃げていくため、
逃げて捕まった場合「やったから逃げた」と思われ不利になる。

外資系会社員の痴漢冤罪事件の「コート越しに伝わるかどうか」という検証。
する必要あったのかな?こういうおかしな証言をする女性のケースの場合、
警察は男性側に付いてあげてと思ってしまう。

痴漢を疑われてしまった場合「相手を冷静に説得しつつ、弁護士に連絡する」
その場で、弁護士に連絡すると”違っていたら、面倒な事になる”と相手の女性は
思うだろうし、理解もしてもらいやすくなるんじゃないかな。

弁護士の連絡先を控えてなかった場合、スマホで調べるか、親か友人に電話して
弁護士に連絡してもらえばいいと思う。

そういえば、芸人の有吉弘行さんが『怒り新党』で話していた。
世の中で一番怖いのは「痴漢に間違われる事!」だと。